「〜は使用すべきではありません。」非推奨メソッド(クラス)を使用した場合の警告を解決する方法

  • 2013.03.01 Friday
  • 19:34
@Deprecatedアノテーションによって非推奨とされたクラスやメソッドなどを使用すると「〜は使用すべきではありません。」と警告される。 通常であれば、非推奨となった理由を理解し、推奨される方法での実装をすべきだが、回避する必要がない時や回避不可能な場合には、クラスやメソッド、ローカル変数に@SuppressWarnings("deprecation") アノテーションを付与すると警告を削除することができる。

クラスに@SuppressWarningsを付与した場合の実装例。

@SuppressWarnings("deprecation")

public class Stub01 {

}

コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック